火曜山遊会

8月山行報告

大菩薩 大黒茂谷 沢登り 2017.8.10~11

火が着かない・・・。どぉ~やっても・・・火が着かない!!

沢泊において幕営地で焚き火が出来ないという事態に初めて直面した。この日の二日前は会山行で、その会山行も中止にせざるをえない程の雨台風。きっと、たくさん降ったんだろうな。滝場での水の轟音が昨年より迫力あったから、それはもう、しっかり降ったんだろう。

 

この日は青梅駅でSちゃんをピックアップして三条新橋に向かう途中の車のワイパーが普通の速度で動かさないと視界が悪くなる程の雨が降っていた。二人のテンションはダダ下がり。「もう、登山道で20分歩いた所の福ちゃん荘に行って、テント張って鍋食べてダラダラしよっか~?」という私の提案にSちゃんも異議なし!!といった雰囲気になっていた。そうなると、二人の頭の中はいかにして「食っちゃ~寝」することしか考えて無い。コンビニで食糧(嗜好品)を買い足して食っちゃ寝山行の準備が整い、それでも一応、三条新橋を通る時に川の状態を見てから、尾根へ変更の山行届けを出そうとしていた。

しかし、三条新橋に近づくにつれ青空が見え始めていた。食っちゃ寝山行モード全開だったのに、ピリリとした沢モードに引きずり戻される。この青空を見せられて入渓せずとは「沢ヤ修行中」として名がすたる。しかし、2日前まで台風。この日の夕方から翌日にかけてはきっと必ず降る。出した答えは、行ける所まで行ってダメだったら引き返すという事にして入渓した。一番最初のゴルジュはヘツるのがチョット難しいがドボンしたらそのまま小滝に取り付いて上がるつもりで臨んだ。結果二人ともしっかりドボンしていきなり全身濡れネズミになった。しかし、妙に楽しい。ちょっとした小滝も水線通しで遡行したりして、わざとへつってみたりしてドボンして、幕場に着いてもまだパンツまでビショビショだった。雨が降る前にテントとタープを張って、それから服を乾かそうとタープの下で焚き火を起こそうとした。しかし、火が全然定着してくれない。雨も降ってきて薪もガンガン濡れてきた。冷えにより手がしびれてくる。ダメだ。このままでは冷え切ってしまう。焚き火は諦めてガスバーナーで食事の準備をした。しかし、タープが思いのほか雨をしのいでくれた。百均のブルーシートだがびっくりするほど屋根としての効果を発揮している。焚き火こそ燃えなかったが、雨が降ってきてもテントに逃げ込んだりせず、ゆっくりと宴会ができた。篠ちゃんが変わり種餃子を作ってくれて美味しくてホントに楽しい食事だった。それに、雨降る空をタープ越しに見上げながら、缶ビールをあおるのも悪くない。でも流石に寝るときは濡れた服では寒いので、乾いた服に着替えようと着替えを出したら、何と!服が濡れていた!防水バッグは経年劣化があるようで、ドボンした時の水圧により浸水したのだと思われる。仕方なくうっすら濡れた服でシュラフに潜り込む。何となく気持ち悪いが、「沢ヤ」に一歩近づけた様な気がした充実した遡行だった。

 

8/10 (曇り&雨)入渓11:00---階段上滝13:35---1500m付近幕営地15:00

8/11 (雨&曇り)出発10:30---仕事道にて下山、泉水谷林道11:40---林道ゲート駐車場12:55

上州武尊 武尊沢 2017.8.24

行ってみたかった上州武尊に突き上げる沢で「武尊沢」を遡行した。
20年前に書かれた遡行図だと「初級」との事だったが「全体的にチョイ辛な初級」と考えた方が良さそう。
でも、思ったより緊張した滝もあり全体的に楽しい沢だった。
山頂に行ったけど、詰め上げた所でカメラの充電が無くなり山頂の写真は無い(笑)

奥多摩 丹波川本流 沢登り 2017.8.29

3年前に一度入渓したものの、水量が多くて撤退した沢(川)。
沢登りを始めて間もない頃の私は「泳ぎの沢」というものに丹波川で初めて触れ、その奥深さに惹かれた。 それからは、毎年何回も計画するも天候に泣かされ、なかなか行けずに月日が経ち3年経った今回、やっと遡行できた。
青梅街道のすぐ下にメチャメチャ楽しいアクティビティが存在する。しかも無料!(リスクはあり、自己責任) こんな、激流突破は初めてだ。手取淵は最後がかなりの激流で、突破困難だったので小さく巻く。そのほかの瀞や小滝も白泡が立っていて、水の中に入るのには少し勇気がいる。しかし、ボスは違う!ゴルジュ突破の時、岩をへつり登り、高さ2〜3m位の所から流れが弱そうな所へダイブ!! 沢ヤがたまにやる「飛び込み」というワザを目の当たりにして、感動した。。。 そんな、ベテランさんの素晴らしい戦いには足元にも及ばないが自分なりに水と格闘する。 本流の水圧は人力ではどうにもならない事を思い知らされるがそれがメチャクチャ楽しい!

寒さにガタガタ震えながら、終了点のおいらん淵まで無事に遡行できた。(おいらんに足を引っ張られなくて良かった~)

高尾 景信山~高尾山 2017.8.29

景信山付近のアサギマダラ。
無事に奄美大島まで辿り着けますように!




小仏峠の上部から相模湖、中央高速を望む。






コースの真ん中、景信山山頂




中央アルプス 空木岳~宝剣岳 2017.8.28~29

5年越の中央アルプス空木岳池山小屋水場前にて。
避難小屋泊なので、ここから水を担ぎ上げます。

ただ、下山してきた方から稜線上の水場が
枯れていないことを聞いたので
予定より量を減らしました。



曇りがちだった空も すこし 晴れ間が。
上空は風が強いようで雲の流れが速かったです。





そして 翌日 雨でした・・(汗)。






 同じ往路を下るのは面白くないので 
復路は 往路で選ばなかった 分岐路を下りました。
その最たるものが 池山山頂でした。 


CONTACT

火曜山遊会は、火曜日及び平日を中心に活動する山岳会です。40年以上の歴史を誇り、ハイキングから雪山、ロッククライミング、山スキーまで四季折々の山を楽しんでいます。

ブログ更新情報

ブログを見る

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP